チロル

当ブログ内リンク先には”プロモーション”が含まれている場合がございます

名前:チロル

性別:女の子

誕生日:2009/4/26

種類:スコティッシュフォールド

毛種:ホワイト

特徴:真っ白。

   「白い悪魔」という異名を持つほどのわがまま。

   魅惑のムチムチボディ。

   頭や顔を撫でられるのが好き。

   猫パンチが力強い。

引用元「ねこほーむきゃりこ公園口 HP」「店舗資料」

スコティッシュフォールド

 

スコティッシュ・フォールド(通称「スコ」)は、1961年にスコットランドの農場で見つかった白いメス猫「スージー」が起源になっています。

 

スコティッシュ・フォールドは英語で「スコットランドの折れ曲がり」を意味しているとおり、突然変異で耳が折れた子猫でした。

 

その後、ブリーダーや遺伝学者の協力を得て試験交配を重ねた結果、折れ耳は単独の顕性遺伝子であることが判りました。

 

つまり両親のどちらかは必ず、折れ耳であるということです。

 

※遺伝子の2つの型のうち特徴が現れやすい遺伝子を「顕性」、現れにくい遺伝子を「潜性」と呼んでいます。

 

過去は「優性」「劣性」という言葉でしたが、優れている、劣っているという意味ではありません。

 

とても愛らしい猫ですが同型接合性障害(垂れ耳や近親同士を交配させることで現れる骨格障害)を理由に、英国のいくつかの猫種登録協会では公認されていません。

 

研究が進むにつれ、折れ耳同士の交配は骨格異常が出ることが確認され、現在はブリティッシュショートヘアやアメリカンショートヘアとの異種交配もしくは立ち耳のスコティッシュ・フォールドとの交配が原則とされています。

 

これにより、健康な骨格の猫が増えて愛好者が増え、1978年にCFAで公認されました。 

 

また、初代のメス猫「スージー」は長毛の遺伝子を持っていたため、後の世代に長毛が誕生し、今では短毛と長毛どちらも人気を集めています。

 

とても穏やかな性格で、傾向として、おとなしく、あまり激しく動き回る性格ではありません。

 

また、飼い主さんに対しては、すぐすり寄ってくる、甘えん坊な一面も見られます。 

 

人なつっこく愛情深いので、赤ちゃんや猫、他の動物とも良好な関係を築けることができ、協調性や順応性が高いといわれています。

 

引用元「ねこのきもち WEB MAGAZINE」抜粋

 

 

元祖魅惑のムチムチボディ♡

お正月、スタッフにより鏡餅にされがち(笑)

どうやら移転後、ダイエットに成功したとのこと!

昔はかなり重い猫パンチを打つハードパンチャーでしたが、今は前足に難ありで嫌なことがあるとパンチより素早く噛んでくる。

頭・顔以外(特にお腹・手足・お尻ect)を触るのはブチギレ案件!

若い頃はわがまま&即ギレにつき「白い悪魔」と呼ばれていたが、何かと丸くなってきた。

狭いところが好きで、体格に見合わないベッドや箱で寝がち。

「ごめん寝」と「首が痛そうな寝」はいたって通常♡

もはや野生を忘れたような寝相を披露している。

 

スタッフ様より貴重なご意見いただきました。ありがとうございました😊